• お電話によるお問合わせ 月~金 AM9:00 ~ PM6:00
    メール・LINE・FAXでのお問合わせは
    年中無休 24時間受付中!!

鮪匠 まぐろのたくみ|マグロ解体ショーのことなら鮪匠

マグロ解体ショーのことなら鮪匠!マグロ水産資源を通し、市場を創造しながらともに繁栄、社会貢献するベストパートナーでありたい、生産者から消費者への橋渡し!

よくある Q&A

よくあるQ&A

鮪匠さんはどういう会社なんですか?

鮪匠とは、第三者機関である一般社団法人全国鮪解体師協会(JADT)が直轄管理し、㈱成上商事が事業運営するマグロ解体ショー専門のプロフェッショナル集団です。また、全国に張り巡らされた産地、消費地における市場関係者、生産者とのダイレクトな仕入ネットワーク(JADT品質認証制度)の下、厳選したマグロを品質に応じた適正な価格で流通させることを使命としております。その中で鮪匠では、マグロ解体師資格取得者による品質認証されたマグロを取り扱うことにより日本で唯一、JADTより公認されたマグロ解体ショーを行っております。

■公認マグロ解体ショーとは
■マグロ単価表/品質評価基準

マグロ解体ショーの価格について
鮪匠では、お客様のご予算やご要望に応じて、無駄のない各種プランをご用意させて頂いておりますので、 今まで高額だったマグロ解体ショーが、なんと10万円からの対応が可能になりました! なお、地域により別途交通運搬費等の費用がかりますのでその旨ご了承ください。

■交通運搬費等の目安

マグロ解体ショーに必要なスペースや開催時間について
マグロ解体ショーに必要なスペースにつきましては、幅2.5m×奥行2m×高さ3mほどのスペースがあれば開催は可能です。

■イメージ写真

開催時間は、マグロの大きさやイベントの内容によって前後しますが、基本的な流れはショーの時間で約20分、その後、仕込み振る舞いまでの時間を合わせて1~2時間以内での対応となります。
※開催場所への入り時間につきましては開始時間の90分前となります。開催時間含め時間調整は可能です。

衛生管理(臭い汚れ等)について
衛生管理については細心の注意を払い、マグロは事前に自社東京都認定工場にて下処理(血抜き)事前に東京都食品衛生自主管理認証施設でのマグロの事前処理を行うなど、保健所からの食品営業許可並びに、魚介類販売免許を取した上で、一般社団法人全国鮪解体師協会(JADT)による衛生基準の下、マグロ解体師資格取得者が現場対応をさせて頂いておりますのでご安心ください。※当然のことですが、現場での衛生管理等については徹底し、ブルーシートでの養生、マグロも事前処理(血抜き、内臓、鰓腸除去/除菌処理)してから持参するなど現場が汚れたり臭いが残るようなことがないよう努めております。

■鮪匠施設情報

個人情報の取り扱いについて
鮪匠ではお客様の個人情報を安全に送受信するために128bit版SSL(暗号化通信)を使用しております。また、お客様に安全性・信頼性を保証するため、個人情報保護体制の維持・改善を続けていくとともに個人情報保護への取り組みをより一層強化しております。なお、お客様の企業名、個人情報につきましては秘密厳守で対応し、プライバシーを配慮した上でサービス向上の一環として現場の模様を写真等に記録し、鮪匠HP上においてご紹介するケースも御座いますが、公開NGの場合につきましては非公開とさせていただいております。

■EV SSLサーバ証明書について

その他対応について
鮪匠ではお客様のご要望に応じて、出張マグロ解体ショーの他に、出張先での演出無しでの対応や出張寿司、デリバリーも可能です。
※【A】のケースはOP基本セット①②③の費用無し。【B】のケースはOP基本セット③の費用無し。
【A】お客様ご指定の場所へ出張し、演出無しでその場でマグロ1本を捌いて寿司、丼等にして振舞います。
【B】マグロ1本を事前に寿司、丼等に仕込んでからお客様ご指定の場所へお届けいたします。 
各種マグロの特徴について

マグロの種類は7種類(厳密には8種類)ありますが、ご提供するマグロは、クロマグロ(通称本マグロ)・ミナミマグロ(通称インドマグロ)・メバチ・キハダ・ビンナガ(通称トンボ)の5種類のマグロになります。なお、それぞれのマグロの特徴については詳細を下記に記していますのでご参照ください。また、各種マグロの価格についてはビンナガに対し、キハダ、メバチで約1.3倍、ミナミマグロ、クロマグロで約2倍の価格とお考えください。

●クロマグロ(通称本マグロ)について

honmaguro

大西洋、地中海、日本近海で獲られ、肌が黒っぽい事からクロマグロと呼ばれています。また、別名シビ、ホンマグロとも呼ばれています。身質は硬くなく、酸味があり大型で、体長3m、体重400kg以上に達するものもあります。3kg~8kgのものをメジマグロ、20kg前後を大メジ、40kg前後は中鮪(チュウボウ)と呼び、大体50kg以上が成魚とされます。中でも80kg~150kg前後のものはスジも薄く大変に美味で、寿司や刺身にすると最適です。 腹の霜降り部分が「大トロ」、背の皮ぎし部分が「中トロ」で、口の中でとろける味わいは格別である。 クロマグロは近海物が上物で、特に冬期の北海道沖で獲れるものが最高級品。

●ミナミマグロ(通称インドマグロ)について

minamimaguro1

オーストラリア、ニュージーランド、ミナミアフリカ(ケープタウン)沖の低水温の海域で獲られています。脂が乗っていることから高級まぐろとして寿司屋、料亭でよく使われています。また、別名インドまぐろとも呼ばれていて、南半球に生息する事からそう呼ばれています。身質は硬めで、少し酸味があり、体長2m、体重200kgのものもあります。その初めは南インド洋から帰港した漁船が運んできたものであり、初めはインド洋の赤道近くの熱帯のものが中心でしたが、最近は冷凍技術の進歩により赤道を越して寒い南へと漁場を開拓し、南緯40度前後のケープタウン、タスマニア、ニュージーランドなど広い地域から入荷するようになり、入荷量のほとんどが冷凍物になりますが、現在ではオーストラリア産の生の養殖インドマグロも多く空輸されています。ミナミマグロは酢めしと相性がよく、甘みのある食感はクロマグロと人気を二分するほどです。

●メバチ(メバチマグロ)について

mebachi1赤道をはさんで南北の緯度約35度にわたる広い範囲で獲られます。漁獲量の一番多いまぐろで目玉が大きくぱっちりしていて目が鉢のように丸いことから通称目鉢マグロと呼ばれています。身質は柔らかめで、甘味があり、体長2m、体重150kg以上に成長します。小さいものでは、20kg以下をダルマ、40kg以下を中バチと呼び、関東から東北地方にかけて寿司種や刺身用として人気があります。 クロマグロと比べ腹身はやや薄く、寿司種にすると酢めしに良く馴染むので喜ばれています。近年は近海物の他、太平洋、大西洋、インド洋、地中海で広く漁獲されますが、そのほとんどはチリ沖、ペルー沖、北米方面などから来る冷凍物で、それにインドネシアを中心にオーストラリアやニューヨーク沖などからの空輸の生が加わります。

●キハダ(キハダマグロ)について

kihada1

メバチとほぼ同じ漁場で獲られ、肌が黄色いことから通称黄肌マグロと呼ばれています。体型がスマートなのが特徴で、赤身のあっさりした味わいが楽しめます。身質は硬めで、酸味があり大きなキハダは体長2m、体重100kg以上になります。小さいものは、20kg以下をキメジ、20kgから40kgくらいを小キハダと呼び、肉色は全体に桃色で、他のマグロと比べると赤身とトロの区別がありません。 名古屋以西の関西方面の需要が多く、酢めしにあまり馴染まないので、寿司種よりむしろ刺身用に好まれています。 晩春から初夏にかけてが旬で、特に近海で獲れるキハダの味は絶品であり、クロマグロに勝とも劣らないといわれています。 こうした脂がのった近海物は寿司にも合い、高級割烹料理店などでも好まれています。

●ビンナガ(通称トンボ)について

binnaga2

世界中の海に広く分布し、北太平洋を東西に渡り大回遊することで知られている小型のマグロです。長い刀状の胸びれが特徴で、胸ビレが長いので、袖長(ビンチョウ)とも呼ばれ、トンボが飛んでいる姿に似ていることからトンボマグロとも呼ばれています。マグロ類中最も小型の魚で体長は1m前後、体重40kgほど、肉質が柔らかく、主にシーチキンの材料などに使用されますが、脂ののったビントロなどはすしネタや刺身としても人気があります。

マグロ解体ショーのご依頼に関しての留意点

Why(なぜ) 目的:目的 目標 コンセプト テーマ

なんの為に行なうイベントなのかを明確化させ、予算の見通しを立てることが重要です。

When(いつ) 期間:シーズン特性 日程 時間

季節(春夏秋冬)・日程(月日)・時間(朝昼夜)など実施をいつにするかを確定します。

Where(どこで) 場所:野外 屋内

どこで行なうのが相応しいのかを検討し、人数・施設設備等の諸条件を加味して決定します。

Who(誰が) 主催者:個人 飲食店 会社 団体 自治体

誰が行うのか、ターゲットを絞り込んだ上で、他とのコラボレーションする等、イベントの大小に関わらずベストな提案を致します。

Whom(誰に) 対象者:性別 年齢

老若男女、年齢を問わず喜ばれるのがマグロの解体ショーです!

What(何を) 内容:テーマ アイディア

コンセプトに従ったイベント内容は勿論、サプライズ的な演出等で感動させる事も重要です。

How(どのように) 形式:感動型 販売型 PR型

開催趣旨、目的に合わせた形式のイベントにします。

How Much(いくらで) 予算:イベント予算

当然のことながら高くなればなるほど上質のマグロになります!

まずはお気軽にお問い合わせください
マグロ解体ショーのご案内メールでのお問合せ見積依頼